FC2ブログ

皆さん、待ちわびていました!

3月3日(水)、千年学区の“地域のお茶の間ふわっとサロン”にお邪魔しました。当サロンは毎月第1・3水曜日の午後1時30分から午後3時30分まで、地域の方のご自宅で開かれる(どなたでも参加可の)共生型サロンです。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、この日は約3ヶ月ぶり。中断前から行なっていた感染症対策ですが、これからも密にならないように、2つのグループに分けて開催していくということです。

ふわっとサロンにお邪魔しました!
参加者さんたちはお顔を合わせた時には、久しぶりの再会を喜んでいました。冒頭には世話役さんから、4月から始まると言われているワクチン接種の手順についてのお話。私たち社協職員からは、名古屋市高齢者はつらつ長寿推進事業(熱田区では“おひさまクラブ”と呼んでいます)への参加者募集のお知らせや、熱田福祉会館での3月の行事、そして2月に区内で起きた特殊詐欺の事例を紹介させていただきました。

ちょうどひなまつりということで…
その後は参加者さん同士のフリートーク。第1グループでは、この日はちょうどひなまつりということで、飾ってあったおひなさまとお内裏様を題材に、2体の置き方から京びなと関東びなの違いまでとお話に花を咲かせていました。また第2グループでは、この土地に長く住まわれておられる方が、伊勢湾台風や東京オリンピックなど昔起こった出来事を背景に、それらの頃の熱田区の様相を熱く語られていました。

街頭募金を行ないました!

熱田区共同募金委員会では毎年、10月1日より12月31日まで赤い羽根共同募金を、また12月の1ヶ月間は歳末助け合い募金を併せて行ないます。昨年も展開し、区民の皆さまや区内にある法人さま、そして協力店に設置していた募金箱などなど、おかげさまで多くの募金が集まりました。これらの募金は愛知県共同募金会を通じ、約8割は熱田区内、約2割は愛知県内の福祉施設などに使われます。

白鳥学区防災講演会にて
12月28日(月)、白鳥学区防災講演会&心のコンサートが開催されていた、名古屋市教育センターにて街頭募金を行ないました。昨年は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、毎年区内各所で行なわれていたイベントが次々と中止に。このイベントでは、当学区の区政協力委員会委員長のご協力により実施することができました。心温まる募金をしてくださった方々、ありがとうございました。

ご寄附をいただきました!

12月10日(木)には熱田区女性協議会様より、12月11日(金)には熱田鯱城会(熱田区在住の高年大学鯱城学園卒業生による親睦団体)様よりご寄附をいただきました。熱田区女性協議会様・熱田鯱城会様は毎年、「熱田区の福祉のために」と寄附をしてくださっています。

熱田区女性協議会様
熱田区女性協議会様は様々な地域活動にご尽力され、寄附金はその収益金の一部だそうです。「熱田区の社会福祉事業に役立ててほしい」と代表の方。そして今回はコロナ禍ということで、手作りマスク150枚も併せて寄附をしてくださいました。

熱田鯱城会様
熱田鯱城会様から寄附金のほか、会員の方々が作られたという、雑巾27枚とタオル110枚も併せて寄附をしてくださいました。これらは区内の福祉施設などで活用させていただきます。

街頭募金を行ないました!

10月1日から12月31日までの期間、「赤い羽根共同募金」運動を実施しています。熱田区共同募金委員会では毎年、熱田区の福祉のため、より多くの募金が集まりますようにと街頭募金を行なっております。今年は新型コロナウイルス感染症が蔓延していることを鑑み、なかなか実施することができない中、11月1日(日)にあつた朔日市にて街頭募金を行ないました。

あつた朔日市にて
11月の開催場所は、熱田神宮のすぐそばにある円通寺。このイベントは毎月1日に開催されていて、絶好のお出かけ日和に日曜日も重なり、多くの方で賑わっていました。この日は、本会で実習していた金城学院大学の学生さんと白鳥学区の中田区政委員長さんも声掛けをしてくれ、23,503円もの心温まる募金が。ご協力くださった方々、ありがとうございました。

巾着袋をプレゼント!
先日本会に、いらなくなった着物の寄附がありました。その着物の生地を使ってボランティアさんがリメイクし、巾着袋を53個手作り。今回募金していただいた方にプレゼントをすると、とても喜んでもらえました。

サロン交流会を開催しました!

熱田区内のあちらこちらでオープンしている、ご近所同士の交流の場“ふれあい・いきいきサロン”。運営にあたっている各サロンの世話役さんたちに集まっていただき、継続していく上での有益となる情報の交換などを主な目的とした、サロン交流会を年に1度開催しています。

サロン交流会を開きました!
今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、密にならないよう、10月27日(火)・28日(水)と2日に分けて熱田区在宅サービスセンター研修室にて開催。春先からの流行により全てのサロンが中止となりましたが、感染症対策をしながら再開しているところも徐々に増えたということもあり、両日ともこれからのコロナ禍でのサロン運営が話題の中心でした。

保健センターの方をお呼びして…
前半は、熱田保健センターの職員の方をお迎えして、新型コロナウイルス感染症に関するお話をしていただきました。昨年後半に中国の武漢で初めて確認され、今や全世界に蔓延しているこの感染症。その一因とされている飛沫感染・接触感染の経路から、予防のための正しいマスクの着け方や手洗いの仕方まで分かりやすく説明をされていました。

グループワークで意見交換を!
後半は、3~4名に分かれてのグループワーク。参加者さんたちはそれぞれ自己紹介をされた後、開催場所や日時、参加人数やプログラムなどの活動内容を紹介されていました。またサロン立ち上げへの経緯や、立ち上げ当初の苦労話を語られていた方も。皆さん、ご自身のところと照らし合わせながら聞かれていました。

各代表者の方が…
最後にグループワークでまとめられたものを、代表者の方から。自粛をしていた時期には、地域の高齢者の方からの問い合わせがあったことや、しばらく見かけない方には電話などで声掛けをしていたこと、そして再開後には実践している消毒や換気といった感染症対策、密を避けるために変更したプログラムについて発表されていました。
プロフィール

名古屋市熱田区社会福祉協議会

Author:名古屋市熱田区社会福祉協議会
熱田区社協ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR