FC2ブログ

“あったカフェ”にお邪魔しました!

オーネスト熱田の杜では毎月第2水曜日に、“あったカフェ”が開催されています。

認知症カフェに大学生さんが!
7月11日(水)、名古屋学院大学の学生さん8名がボランティアとして参加していました。学外での様々な活動を通して、地域の方々と交流するというのが参加目的。それぞれ自己紹介をした後、参加者さんたちと一緒に体操やゲームをしていました。

ふれあいを楽しんで…
また、冷たいかき氷を頬張りながら会話も。元気な学生さんとの触れ合いを楽しんでいて、参加者さんたちからははちきれんばかりの笑顔が見られました。
なお、当施設では8月に夏祭りを開催。この日来ていた学生さんは、「またぜひボランティアに来てね」と誘われていました。詳しくは678-3388(担当:竹下)まで。

お薬の出前講座をサロン2ヶ所で!

4月に入り、また新たな年度を迎えました。今年度も熱田区内のあちらこちらで、ご近所同士の交流の場である“ふれあい・いきいきサロン”がオープンする予定です。熱田区社協では、こうした気軽な集いの場をはじめてみたい方のご相談や経費助成を行なうなど、“ふれあい・いきいきサロン”づくりを応援しています。

船方学区の2サロンに!
4月22日(日)、毎月第4日曜日に行なわれている船方学区の2ヶ所のサロンにお邪魔しました。10時からはじまる“ふれあいサロンさんさん”に参加するため市営一番荘の集会所へ、そして12時からはじまる“あったかサロン”に参加するため南熱田荘の集会所へ(“あったかサロン”は第4日曜日を含め、月4回の開催です)。ある参加者さんとのお話…、「毎回ここに来るのが楽しくって」と満面の笑みでおっしゃられていました。

スギヤマ薬局さんの出前講座でした!
この日は2ヶ所とも、スギヤマ薬局の薬剤師さんによる出前講座でした。お薬の正しい服用の仕方や、ご自宅での保存方法などについてのお話を。またジェネリック医薬品への切り替えが推し進められているようで、参加者さんたちからは多くの質問が飛んでいました。なお薬剤師さんは給食会やご高齢の方の集まりなどにも、このような出前講座をされているそうです。

ランチのメニューは…
画像は撮れませんでしたが、“ふれあいサロンさんさん”ではいつものように朝食には十分のモーニングセットが。“あったかサロン”では、世話役さんたちが準備してくださるお食事でランチタイムを楽しんでいました。メニューは、いなり寿司とお吸い物。皆さん、おしゃべりをしながら美味しそうに召し上がっていました。

歴代サロン学生会長さんたちの送別会を!

2月25日(日)、船方学区にある市営南熱田荘の集会所で月4回(第1木曜日、第2土曜日、第3木曜日、第4日曜日)開かれている“あったかサロン”にお邪魔しました。

熱田区社協から…
前学生会長と現学生会長がこの春にめでたく卒業し、社会人としての第1歩を踏み出すということで、この日の企画はお二人の送別会。まずは住民自治に大いに貢献されたので、熱田区社協よりささやかながら感謝状を贈らせていただきました。

世話役さんからはお花が!
世話役の女性の方からは、お花のプレゼントがありました。その女性はもちろんのこと、参加者さんの目にはウルウルとしたものが。そして「こちらの方へ来たら是非寄ってくださいね」との声も飛んでいました。

惜別の一言を…
お二人とも、就職先は福祉関係とのこと。「入学した頃は考えもしなかったんですけど、皆さんとの関わりを持つようになって自分の進路を決めました。南熱田荘は僕の原点です」とあいさつ。サロンのリーダーさんはその言葉がとても嬉しかったらしく、サロン終了後もしばらくその余韻に浸っていました。

皆さんで記念写真を!
旅立つ2人の学生会長を囲んで記念写真を。また個別に2ショットあるいは3ショット写真をお願いしていた方もみえました。この後、参加者さんの有志と学生さんたちとでカラオケに。送別会の2次会をされたとのことです。

第4日曜日は…
この日は第4日曜日ということで、世話役さんたちが準備してくださるお食事でランチタイムを。メニューは、コロッケと“セカンドハーベスト名古屋”さんからご提供いただいたレトルトカレー。住民の皆さんは学生さんとおしゃべりをしながら、美味しく召し上がっていました。

サロン交流会で防災を!

今年度も熱田区内のあちらこちらで、ご近所同士の交流の場である“ふれあい・いきいきサロン”がオープンしました。現時点ではその数、約50ヶ所にも上ります(本会把握)。

サロン交流会を開きました!
2月23日(金)、各サロンの世話役さんたちが熱田区在宅サービスセンター研修室に介し、年に一度のサロン交流会を開催しました。

防災教育アドバイザーの方をお呼びして…
名古屋市港防災センターで防災教育アドバイザーを務められている近藤ひろ子さんを、特別講師としてお招きしました。“阪神・淡路大震災”や“東日本大震災”を事例に、地震のメカニズムを。そして近い将来起こるであろう”南海トラフ巨大地震”で予想されていること、簡単な食器やスリッパなどの必需品を作る時の新聞紙・広告の活用方法について披露してくださいました。

防災用品を紹介していただきました!
また名古屋市中川区にある㈱真照(しんしょう)さんが防災用品を持ってきてくださり、それぞれの用途を分かりやすく説明。実際に、参加者さんたちに試してもらっていました。

あつたロコモ隊の皆さんが!
最後に、熱田保健所で定期的に開かれている体操教室で結成された“あつたロコモ隊”の皆さんが登場。その方たちの先導により、健康体操で軽く汗を流していました。

「在宅医療・介護連携支援センター」を知っていますか?

2月15日(木)、船方学区の“あったかサロン”に参加をするため、市営南熱田荘の集会室に行ってきました。ここは第1木曜日と第2土曜日、第3木曜日、第4日曜日と毎月4回開催されている高齢者サロン。常時25名ほどの方が参加されています。

老後のお話しを
この日は、一般社団法人名古屋市医師会が運営する熱田区在宅医療・介護連携支援センターの職員の方をお招きして、「知ってトクする!老後のはなし~選択し、自己決定できる人生~」をテーマに講義を。ご自身や家族の方が倒れてしまってから様々な選択を求められる場面のことや、入院した時から退院先を考えなくてはいけない理由、一口に「病院」や「施設」と言ってもその機能により種類があること、そして退院先の選択肢として「病院」「施設」のほかに「在宅」もあるというお話がありました。じっくりと耳を傾け、熱心にメモを取られている参加者さんも。また同センターは名古屋市の各区にあるとのことで、「在宅医療の関して、まずはご相談ください」とおっしゃっていました。
プロフィール

名古屋市熱田区社会福祉協議会

Author:名古屋市熱田区社会福祉協議会
熱田区社協ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR